葬儀の準備としきたりについて

家族葬儀も葬儀社に任せるのが基本

準備は出来れば考えたくないことですが、いざとなるととても大変なのが葬儀です。
慌てないためにも事前に概略は知っておいた方が良いでしょう。
一般的な段取りですが、必ずこうしなくてはいけないということはありません。
作法は地域や宗派で異なりますが、葬儀社にまかせれば大まかな段取りはしてくれます。

家族葬儀の流れ

すべては喪主を決めるところから

まず喪主を決める必要があります。
一般的には配偶者または長男・長女が一般的です。
業者や方法で費用が様々なので、信頼できる会社を選びましょう。
とはいえ急な出来事なので、出来れば事前に情報を収集して調べておくと良いでしょう。
今はインターネットである程度情報が集められますし、お寺や病院、市区役所でも情報が得られると思います。
依頼先が決まったら相談し、場所や予算を決めます。
また並行して火葬場の予約や日取りも並行して調整します。
本格的に打ち合わせが始まります。

事務的な手続きも多くあります

病院では医師から死亡診断書を受け取り、移送、安置、そして火葬の手続きをとります。
お通夜を行う場合には、故人についての身内、親戚、友人などの関係を確認し、連絡を行います。
この点もあまり時間的な余裕がないので、出来れば生前からまとめておくことも良いでしょう。

告別式後の手続き

滞りがなく終了した後に、出棺となります。
故人との最後の別れとなり、喪主が遺族代表として挨拶を行います。
火葬の際には埋葬許可証を受け取り、お骨は喪主が持ち、位牌や遺影は近親者が持ちます。
そして自宅に帰りつきます。
世話役から香典、領収書、名簿、支払処理などを整理して大よその作業は終了になります。
初七日法要や四十九日法要や挨拶状、年賀欠礼などの後処理はいくつかありますが、継続して葬儀社と相談することも出来ます。
またどこに埋葬するか、墓を決めることも実際には手間がかかるので出来れば早めに余裕があるときに、調査と段取りをしておくことが有効です。