家族葬で招く参列者の範囲について

お葬式に誰を呼んで誰を呼ばないか

家族葬とは、ごく近しい人だけに参列してもらう小規模スタイルの葬儀です。
例えば、親族や故人の友人・知人などです。
ただ難しいのは、どの範囲で呼んだらいいのかということですね。
人間関係と言うものは実に複雑なものですので、あの人を呼んで、こちらの人を呼ばないわけには行かないというように少々面倒なことでもあります。
そこで、一般的にはどの範囲でお呼びすればいいのかということを理解しておくといいでしょう。

親族を呼ぶ場合の基本的な考え方

まず親族ですが、直系の親族(家系を継いだ家族)、故人の子供家族、故人の兄弟、故人の配偶者の両親などを呼ぶのが一般的とされています。
二親等?三親等の範囲で呼ぶのが一般的なようです。
あとは、その家族の事情もあるかと思いますので、状況を見極めた上で検討しましょう。
明確な定義がないのが難しいところなのですが、他の親族に配慮した対応は必要です。
もちろん亡くなった旨は伝えますが、その際に相手が「自分も出席するものだろう」という誤解をしないように伝えてください。

知人や近所の方などへの対応方法

また、故人の友人や知人を招く場合も同じです。
これに関しては故人の交友関係を知っておかないと大変ですので、事前の下調べはあったほうがいいでしょう。
ちなみに、近所の方や仕事関係の方には参列してもらいません。
なので、こちらにも家族葬で行うということをきちんと報告して、香典や手伝いなどを辞退しておくべきです。
参列者を思うと難しい葬儀ではあるのですが、家族葬は故人との別れをゆっくりと惜しむということが目的です。
また、葬儀の内容によりけりですが、費用を最小限に済ませることができる反面で、香典が少ないという点では高くついてしまう可能性もあります。
様々な方面に配慮し、よく検討して行いましょう。