家族葬の費用に関するトラブルを防ぐためにファンドで積み立てよう

費用の安い家族葬でトラブルが起こる理由

最近のお葬式の傾向として、式礼の品や細かな用意を必要とせず、親族にだけ別れを告げる家族葬というシンプルなお葬式を選ぶ人が増えています。
ところがこの家族葬、費用の問題でトラブルに巻き込まれるケースがよく起こっています。
お葬式にお金をかけず、静かにつつましく送ることを目的としたお葬式形態なのですが、実際に親族だけで葬儀を行ってみると費用の負担を遺族にかけてしまうことがその原因です。

香典が足りないことが費用不足の原因

なぜこのようなことが起こるかという理由は香典にあります。
通常、お葬式の費用は香典でまかなうものですが、親族だけの香典ではまかないきれないとなると、簡素に終えるはずが、それなりの費用を遺族に負担してもらわなくてはなりません。
また、どのようなお葬式をするのがいいのかが分かっておらず、多額の葬儀費用を支払う結果になったというトラブルのケースもあります。

費用の見積りとファンドによる積み立てが大切

葬儀業者がすすめるプランに乗って、高額な葬儀費用を支払うといったことを回避するために、生前にどのような葬式を希望し、そのために必要なものは何であるかを確認しておかなければなりません。
突然の出来事に親族達は判断能力が欠けてしまっていることは少なくありません。
その結果、親族トラブルが発生してしまうなどのようなことがないように、生前に葬儀の意向をはっきりしておくことが大切になります。
葬儀にもさまざまな種類があり分かりづらい部分も多く、火葬や搬送、会場のセッティングなどによりプランが追加されたり、料金が加算されたりもします。
これにより知らないうちに高額になっている場合も少なくないので、生前に本人の葬儀の意向を確認したら、それに見合うプランをもつ葬儀業者を探し、その業者の料金形態をきちんと確認しておくことも大切です。